*

妊娠すると何か体の変化があるの?


1ef6614817b6e7dd20f3b6af80982fc7_s


妊娠するとどうなるのかテレビなどでイメージができているのが吐き気で洗面所などに駆け込むというような感じでしょうか。でも、実際には吐き気で妊娠に気が付くという人は実はそれほど多くないのかもしれませんね。

もちろん吐き気つまりつわりのような感じですね、それもある人もいますが人それぞれで症状には違いがあります。自分も妊娠したらそんな症状が出るのかと思っていると全く何も感じないままに妊娠していたということもあります。

よく耳にする症状としては、耐え難い眠気に襲われたということがありますね。仕事中に気が付いたら寝てしまっていたとかどうすることもできなくてトイレに行って寝たとかそれまでには感じたことの無いような眠気に襲われることで樹が付いたという人も多かったりします。

他にも体が熱を持っているような感じがしたというような場合もあります。風と似た感じでだるさや熱っぽさを感じるということもありますから風邪なのか判断することが難しいような場合もあります。

とはいえば人それぞれですから、やはり基礎体温を付けるなどといったようにすることでいち早く妊娠に気が付くことができるでしょう。


妊娠したらどうしたらいい?

妊娠がわかったからといって何がどう変わるのかということはなかなか難しいのですが、生活は変わってきます。妊娠するということは自分の体の中にもう一つの新しい命が宿っているということですから、自分でははっきりと認識することができないという場合でも責任重大となってきます。

お腹が大きくなってくるにしたがって親になるという意識も高まってきますが本当は妊娠したときから赤ちゃんに対して大きな責任ができることになるのですからやはりそれに合わせて生活を変えることも必要となってきます。

規則正しい生活を送ったりすることはもちろんですが、食事も重要なものとなってきます。自分の好みで食べているというわけにはいきませんよね。

お腹の中の赤ちゃんのことも考えた食事を摂ることが必要ですね。体に良いということはもちろんですが赤ちゃんに必要な栄養をきちんと摂るようにしましょう。


妊娠したら気を付けたいこと


acf8242f37069b1f8edeb1ddc6aca34c_s


妊娠したら気を付けたいことはとても多くあります。でもまずは体調管理ですね。風邪一つとっても妊娠中には大事になってしまうこともありますから十分に気を付ける必要があります。

自分の体調を整えることはお腹の中の赤ちゃんを健康に育てるためにもとても重要なことになってきます。

赤ちゃんを健康に育てるということでは近年では葉酸の必要性が言われています。葉酸は先天性異常のリスクを軽減する為にもとても重要なものとなっているのですが、葉酸は赤ちゃんだけでなくお母さんにも必要なものとなります。

妊娠中に特に重要とされるのはDNAの正常な生成にかかわる栄養素であるということがあるためです。でも他にも血液を作るのにかかわっていたりしますからお母さんの体調管理のためにもとても重要なものとなります。

本当であれば妊娠すると同時に重要となってくる栄養素となってくるのですがなかなか妊娠にすぐに気が付くということはありませんから気が付いたときから葉酸を摂るようにしなければなりませんね。


お母さんの体調は妊娠中の重要事項

妊娠するとどうしてもお腹の中の赤ちゃんのことを考えてしまいますが、お母さんの体調もとても重要なものとなります。

妊娠するということは赤ちゃんだけなく自分の体調管理も普段以上に行うことが必要ということになります。特に妊娠中には、普段以上に栄養が必要となってきますからその辺は十分に注意しましょう。

例えば葉酸というとどうしても赤ちゃんのためという意識が強くなりますが、お母さんの体調管理のためにもとても重要なものとなります。葉酸だけでも妊娠中には普段の倍の量を摂るようにする必要があるとされています。

不足してしまうことで貧血の原因となってしまったりします。お母さんが貧血になってしまうと赤ちゃんに十分な栄養を送ることができないということもありますし、倒れてしまえば大きなけがの原因にもなるので気を付けましょう。


記事